1. HOME
  2. L-INSIGHTについて
  3. メンター制度

L-INSIGHTについて

メンター制度

L-INSIGHTフェローは、現所属の上長等より研究内容に関する助言を得る一方で、フェローとして目指す研究者像を自ら設定・明確化し、自己評価を通じて成長を図ります。L-INSIGHTでは「名誉教授メンター制度」および「受講支援メンター制度」の2つのメンター制度によって、目指す研究者に近づくために必要となる、客観的な助言や相談の機会を得ることができます。


名誉教授メンター

L-INSIGHTフェローは、目指す研究者像を自ら設定・明確化し評価を通じた成長を図ります。この際、目標設定や自己評価について、研究者の先達である京都大学 名誉教授から、設定した目標は適切か、評価に過小・過大な点はないか等、対話を通じて客観的な助言をいただくのが名誉教授メンター制度です

名誉教授リスト:
※(カッコ内)は京都大学退職時の所属部局
阿形 清和 (理学研究科)
岡田 憲夫 (防災研究所)
皆藤 章  (教育学研究科)
小泉 昭夫 (医学研究科)
坂井 義治 (医学研究科)
橋田 充  (薬学研究科、 物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS) )
吉川 左紀子(こころの未来研究センター)
寶 馨   (大学院総合生存学館 )
中尾 一和 (医学研究科)
山極 壽一 (理学研究科)
田中 耕司 (東南アジア研究所)


受講支援メンター

世界視力コンピテンシーの達成目標に応じて、受講するプログラムを戦略的に選択するために、受講支援メンターが相談に応じる体制を整えています。次世代研究創成ユニットの特定教員が受講支援メンターを兼ねています。